【パスカルno小言 Vol.38】スキンシップ

「空港などで家族の見送りや出迎えに来ている日本人が
ハグすることもなく、会釈で済ませているのが不思議だ」

「友達同士で待ち合わせして出会った時に
触れ合うこともなく、やたら手をフリフリしているのは
きっとハグしたい気持ちをどう抑えていいのかわからないからに違いない」

日本人がなぜスキンシップをしないのか、
疑問に思う外国人のトピックが結構ある。

恋人や夫婦、家族じゃなくても、ハグをしたり、
肩を撫でたり
いろんな場面で言葉の代わりに
(あるいは言葉の補足として)
体に触れることがある。

悲しいことがあった時に肩を抱かれるとホッとするし
嬉しいことがあったら、ハグをして共に喜ぶのも
悪くないと私は思う。

なんで日本人は触れ合わないのだろう?

私は、仕事の場面でできる限り握手をするようにしている
驚かれることもあるけれど、握手をするだけで
相手との距離が縮まる気がする。
日本人同士でもたまに見かけるけど、なんか清々しくて私は好きだな、握手。

日本には日本の文化があるからほっておけ!
という方々もいるだろうし
そんなことしたら「セクハラ!」って騒がれるじゃんと反論する方々もいると思う。

同僚の女性の肩に触れただけで「いやーん!セクハラ!パワハラ!」
と騒がれるらしいから、気軽に触れないか。

実に生きにくい時代になったもんだと思う。

8年間司会を務めたベルギービールウィークエンドが終わって1週間。
最後のステージでダミアンと抱き合って労いあった。

(ありがとう、お疲れ、寂しいね、これから頑張ろうね)
あの瞬間、いろんな思いを伝えられたと思うし、
ダミアンからいろんな思いが伝わってきた。

スキンシップ、賛否両論あると思うけれど

いいもんですよ、人の温もりって。

(写真を撮ってくれたりえちゃんに感謝を込めて)

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。